アメリカのサンタバーバラに拠点を置くオーディオメーカー、Sonos(ソノス)と、世界最大の家具チェーン店であるIKEA(イケア)がパートナーシップを組むことが発表された。

両社のコラボレーションは今回が初めてではなく、2015年と2016年に共同で商品開発を行った実績がある。

今回のコラボレーションについて、イケアは次のように発表している。

イケアでは、使いやすく手頃な価格の家具に新たな技術を組み込むことで、毎日の暮らしをより豊かにする仕組みを作り、それによって多くの人々が便利なテクノロジーにアクセスできるように努めています。 我々はソノスとともに、家族全員で音楽に耳を傾けることができるような製品を作り、音楽をより身近なものにしたいと思っています。ソノスと提携し、イケアの家具に関する知識とソノスの優れた家庭内音響技術を融合させたいと考えています。

コラボレーションについての詳細はまだ明かされていない。本プロジェクトは2019年に本格始動するという。