カラーシステムや色選択技術、高精度のカラーコミュニケーション技術を提供するPantone(パントン)は、”印象的で魅惑的なパープル色”として’ウルトラヴァイオレット’が2018年のトレンドカラーであると宣言した。

カラーオーソリティの専門家によると、この色味は複雑な性質であることと、対照的な色味と混ぜたり組み合わせたりすることが容易であることから美しさを生み出すのに最適な色であるとのことだ。

「マットなパープル単色をリップメイクやネイルに使ったりするのは型にはまらないというアピールでもあり、ウルトラヴァイオレットをラメやグリッターと合わせ目元に使えば宇宙に繋がる窓が完成する。」とブランドは言う。

「どんなメイクでも、ウルトラヴァイオレットは複雑さと神秘さを与え他の色の補充になり引き立たせる。」

これらを踏まえて、来年のトレンドに向けた最新のパープルカラー美容アイテム5点を紹介しよう。

L’Oreal × Balmain(ロレアル×バルマン)

今年一番アツイコラボレーションの一つ。

9月のパリファッションウィーク中に発売した12色のリップでコラボしたロレアルとフランスのファッションブランド、バルマンからはこちらのアイテム。

468番のLiberationは堂々とした濃厚マットな仕上がりのエッジが効いたダークパープルのリップカラー。

Tom Ford(トム・フォード)

TOM FORDさん(@tomford)がシェアした投稿


トム・フォードの”プライベートアイズ”コレクションはカラーと仕上がりの種類が実に多様であるが、メタリックの効いた’Purple Reign’が2018年のトレンドだ。

OPI(オーピーアイ)

OPIさん(@opi_products)がシェアした投稿


オーピーアイのホリデーネイルカラーからは人目を引くマゼンダパープルカラーの’Feel the Chemis-tree’がオススメ。

Inc.redible(インクレディブル)


マニキュアブランドのNails.Inc(ネイルズインク)がコスメ業界に進出し、今年11月に立ち上がったばかりの新たな美容ライン、インクレディブルも期待を裏切らない。

コレクションはキラキラと光の加減で色が変化するパープルカラーの’Fiyay Feeling’の中の’Lip Trippin Strobe Lipstick’など、遊びゴコロあるホログラム入りのリップカラーが登場。

Sinful Colors(シンフルカラーズ)

 


シンフルカラーズもまたネイルカラーブランドであったが先月メイクアップ業界に進出したばかりで、Vanessa Hudgens(ヴァネッサ・ハジェンズ)とのコラボコレクションをAmazon.comで発売しデビューを果たした。

“明るくインパクトの強いパープル”と表現されたマスカラ、’Scanda-lash’の’Diva Lash Color Mascara’をピックアップ。

一見難しそうであるパープルカラーのメイクアップも、ピンポイントなら導入しやすいかも。

来年に向けて今から要チェックだ。