Michael Kors Holdings(マイケル・コース・ホールディングス)がリアルファーの使用を廃止することを発表した。

2017年7月にジミー・チューを買収した同社は、2018年12月までにマイケル・コースとジミー・チューのコレクションで、動物の毛皮の使用を完全廃止する。

2017年6月には、ニューヨークのメトロポリタン美術館でコースが行ったトークイベント中に20人の動物愛護団体がデモを行い、イベントを一時中断する事態となった。

コースは、「技術の進歩により、動物の毛皮を使用せずに豪華で美しい製品を生産できるようになった。来年2月に予定されているファッションショーで、我が社の新しい技術を紹介する。」と述べている。

最近では、Gucci(グッチ)、Zara(ザラ)、 H&M(エイチ&エム)、Armani(アルマーニ)、Topshop(トップショップ)、Scotch & Soda(スコッチ&ソーダ)等の有名ブランドが相次いで毛皮の廃止を宣言している。

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >