イタリアのファッショングループOTB傘下の『Diesel(ディーゼル)』のクリエイティブ・ディレクターであるNicola Formichetti(ニコラ・フォルミケッティ)が退社することがわかった。

ニコラは2013年就任以降、デニムルーツの同ブランドをクリエイティブなデザインで導いてきた。

『ディーゼル』はこの秋、最高経営責任者のAlessandro Bogliolo(アレクサンドロ・ボグリオーロ)が退任したばかりで、まだ後任も決まっていない。

一方、ニコラは自身のブランド『Nicopanda(ニコパンダ)』がロンドンファッションウイークでAmazon(アマゾン)で取引が決まるなど、非常に多忙な毎日を送っていた。

『ディーゼル』は今年の秋から広告戦略を変えたり、近年デザインされたコレクションを販売停止するなどの動きを見せていた。

OTBグループは12月に新しい最高経営責任者のUbaldo Minelli(ウバルド・ミネーリ)が着任したばかりであり、彼の方針も今回のニコラの退任には影響していると考えられている。

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >