環境問題への積極的な姿勢が評価されているVivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)が、新たな取り組みを始める。

同ブランドは来年1月開催予定のロンドン・メンズ・ファッションウィークには参加せず、デジタル・プレゼンテーションを用いたコレクション発表に切り替えると発表。

ウェストウッドの2018秋冬コレクションは画像と短編映像から成り、メディアとバイヤーに電子メールで直接提供される予定だという。

「わたしたちの秋冬コレクションをお披露目できる日を楽しみにしています」とウェストウッド。

「今回のコレクションは画像と映像の形で提供されるので、コレクションをよく観察してもっと好きになってください。」

ロンドン・メンズ・ファッションウィークへの不参加を表明したのはウェストウッドに留まらない。

Jonathan Anderson(ジョナサン・アンダーソン)はメンズとウィメンズのショーを融合させ、1月ではなく2月にロンドンでコレクション発表を行う予定。