2017年は、世界中で’インスタ映え’する様なビビットカラーやユニークな’アグリー’デザインのモノが人気だった。

アメリカの多くのメディアで2018年は、『クール(カッコいい)女子』が注目されると言われている。

一方、Spring 2018 Runway Trendsでは、シャネルがPVC Boots(プラスチック・ブーツ)を発表し、多くのブランドが、プラスチック素材を帽子、コート、靴までに取り入れている。

2018年プラスチック素材のアイテムを見ることが増えると思うが、その商品を身に着けるかどうかは、抵抗がある人が多いのではないか。

そこで今回は『Spring 2018 Runway』から、普段着でも使えて、2018年の春には必ず手に入れたい『クールな10アイテム』を紹介したい。

シャネルのPVC Boots(プラスチック・レインブーツ) https://www.allure.com/story/chanel-clear-plastic-rain-boot

<1- Dark Denim Sets: ダーク・デニム・セット>

2018年は、Tom Ford, Tibi, Nina Ricci, Kenzoなどからも多くのデニム・セットが発表された。

上下セットでダーク・デニムのコーディネートが目立ち、カジュアル・デニムから、デニム・スーツまで、カッコ良さをより引き立ててくれるアイテムだ。

http://www.vogue.co.uk/gallery/spring-summer-2018-trends

<2- Lavender/ Sweet Pastel: ラベンダー/パステルカラー>

2017年はドレス、コートや靴までビビットカラーをアクセントに着こなすのが流行だった。

しかし今年の春は、シャーベット・アイスクリームのような淡い色(パステル・カラー)のアイテムを取り入れてみよう。

パステルカラーでも、特にラベンダーが一番人気になりそうだ。

しかしパステルカラーは、膨張してみえるため、少し小さめのサイズを選んだり、縦のラインを際立ててくれるスタイルを選ぶと、よりクールに見える。

http://www.vogue.co.uk/gallery/spring-summer-2018-trends

<3- The Updated Trench: 最新のトレンチ・コート >

2017年の秋コレクションから、登場した最新のトレンチ・コートはデザインの幅が広く、選択肢が広い。

一時期バーバリーのトレンチ・コートが、一世を風靡し、トレンチと言えば、似たような商品ばかりが店頭に並んだ。

2018年は、よりユニークなデザインや素材を使用し、今までにない、新しい自分のスタイルに出会えるだろう。

http://queenscomefirst.com/?p=8367

<4- Shorts: ショート・パンツ>

この春と夏に大ブームが予想される、ショート・パンツ。

ミニスカートは忘れて、クールさと履き心地の良い、ショート・パンツをゲットしよう。

ショート・パンツは、どうしても幼く見られがちだが、お勧めはジャケットと合わせてコーディネートする事で、大人っぽくカッコ良く着こなせる。

https://fashionista.com/2017/09/new-york-fashion-week-spring-2018-trends

<5- Black on white polka dots: 白黒ドット>

クラシックな白のベースに黒のドット柄。

写真の左から、Junya Watanabe, Jason Wu, Carolina Herrera, Blumarineのスタイル。

ドットの大きさは色々とあるが、ドット・ドレスなら、オフィスにもパーティーにも活躍する。

http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-42365361

<6- Fringe:春のフリンジ・スタイル>

2018 spring/summerコレクションで、よく目にしたフリンジ・スタイル、トップスからスカートまで様々なスタイルが披露された。

特にフリンジ・スカートは、カジュアルの場面だけでなく、ジェケットと合わせるとフォーマルな場面でも活躍する。

もちろん夏のビーチにもピッタリ。

少し大人なセクシー・クールを演出してくれる注目のアイテムだ。

https://glowsly.com/spring-2018-fashion-trends-paris-fashion-week/ 

<7-The Fanny Pack:ウェスト・バッグ>

ウェスト・バッグは、男女問わず2018年流行が予想される。

手で持たなくて良いという、便利さがミレニアル世代の心を掴んだようだ。

多くのラグジュアリー・ブランドが近年、楽さ、心地よさを重視しているが、確かに楽なので、ぜひ試して欲しい。

https://fashionista.com/2017/10/top-spring-2018-runway-fashion-trends

<8-Vertical Stripes:縦じま>

2017年は、横のストライプがINだったの対して、2018は垂直(縦)のストライプが注目されている。

縦のラインを強調する事で、体のラインもキレイに見えるのが嬉しい。

https://glowsly.com/spring-2018-fashion-trends-new-york-fashion-week/

<9-Pencil skirts:ペンシル・スカート>

ペンシル・スカート+ヒールは縦のラインを強調し、大人の色気を出してくれる。

ヴィクトリア・ベッカムもよくペンシル・スカートにロング・ブーツを合わせたコーディネートをするが、ペンシル・スカートは、職場でも活躍するマスト・アイテム。

https://www.youtube.com/watch?v=_uK3OJR8Z4Q

<10-LogoMania:ロゴマニア>

ブランドのロゴをあえて目立たせる、ロゴマニアは、賛否両論があるが、多くのラグジュアリー・ブランドから販売されている。

ラグジュアリー・ブランドのロゴ・Tシャツやパーカーをジーンズなどと、カジュアルに着こなそう。

https://glowsly.com/spring-summer-2018-print-trends/

他にもホワイト・スーツや、グリッター、シースルー素材なども注目を集めている。

実はメイクに関しても2018年はナチュラルに’見える’メイク術が多く特集されている。

2018年はナチュラルに見えるメイクと、パステルカラーを取り入れて、『クール・ビューティー』を目指そう。

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >