2月16日金曜日、Fashion Avenue News Magazineという人気ファッション雑誌が主催するネットワーク・イベントが、The Time New Yorkホテルで開催された。

今年はニューヨーク・ファッション・ウェークの最終日に、特別なヘア・ショーやカメラマンの誕生日パーティーも兼ねて行われた。

会場には、Fashion Avenue News Magazine の編集長Sofia Davis(ソフィア・ディヴィス)や、多くのファッション関係者も登場した。

彼女は、ニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)を卒業後、ファション雑誌のPRやTV番組のプロデューサーを経て、2011年からFashion Avenue News Magazine の編集長となった。

パールのサングラスが印象的で、小柄だが会場で誰よりも目立つ存在感と自信がある。

https://www.instagram.com/fashionavenuenews/  by Paul A. Walker

ニューヨークでは、日々ファション・ネットワークを広げるイベントが開催され、メディア関係者やモデルの卵が一般人との交流を深め、縁があれば就職先が見つかることもあるという。

このイベントのヘア・アレンジ・ショーで優勝したのは、下の写真中央の女性。

今年は、Structured Updos(きっちりしたお団子)がIN(流行る)。

きっちりと編み込まれたお団子にジュエリーを。

シンプルで、『カジュアルだけどフォーマル』と共感を呼んだ票で1位となった。

2018年は、派手過ぎずナチュラル感がありながらも、フォーマルというのがキーワードの様だ

https://www.instagram.com/p/BfTYeHeDmDn/?taken-by=fashionavenuenews by Paul A. Walker

『カジュアルだけどフォーマル』なヘア・スタイルがIN

・Scrunchie (シュシュ/スクラッチー)が戻ってきた

2018年のファッション・ウェークでも多く見られた、ゆるさを出したヘア・アレンジ。

ボサボサではなくきっちり過ぎず、シュシュでまとめると今年らしい。

http://www.harpersbazaar.com/beauty/hair/g14428018/hair-trends-2018/

・Wet Hair Look 少し濡れたヘア・スタイル

セレブの濡れた髪が評判となり、今年はランウェイでも多く見る、Wet Hair Look。

濡れた髪は、纏まりがあり、セクシーさを醸し出すと評判。

このスタイルは、髪型をアレンジした後に、ジェルをつけるのがポイントだ。

今年は、塗れた髪を作り出すジェルが、多く販売されているため、専用のジェルを使用すると良い。

https://www.thecut.com/2016/10/how-to-re-create-the-wet-hair-look-thats-everywhere.html

・ヘア・バンドやスカーフ

・Barrette(ヘア・クリップ)を両サイドに着けるヘアアレンジもカワイイ

・Dirty Blonde 根本はダークなままで、色の違いで立体的なスタイルへ

http://ww/w.harpersbazaar.com/beauty/hair/g14428018/hair-trends-2018

今年も人気のボブ

あのビクトリアの新しいボブ・スタイルがまた注目を集めている。

ふんわりカジュアルで楽そうだけど、オフィス・フォーマルも対応。

あなたも、この春『カジュアルだけどフォーマル』なヘア・スタイルに挑戦してみては。

https://fashion.hellomagazine.com/fashion-news/201802158109/victoria-beckham-new-haircut-nineties-bob/