2018年2月20日まで開催された2018年秋冬ロンドンファッションウィーク。

ランウェイで見られた来シーズンのファッショントレンドをチェックしよう。

スパンコール

https://fashionista.com/2018/02/london-fashion-week-fall-2018-trends

ランウェイはロンドンファッションウィークの期間中、スパンコールで埋め尽くされた。

Temperley London(テンパリー・ロンドン)はスパンコールのドレスに光沢のあるジャケットを合わせた。

レインボー

https://fashionista.com/2018/02/london-fashion-week-fall-2018-trends

ビビッドな色合いのものからトーンを抑えたものまで様々なレインボーが登場した。

ブランケット

https://fashionista.com/2018/02/london-fashion-week-fall-2018-trends

NYFWから引き続き、巨大なブランケットが流行中だ。

MM6 MAISON MARGIELA(エムエム 6 メゾン マルジェラ)が披露したシルバーコレクションにもブランケットが使用されていた。

ハイボリューム

https://fashionista.com/2018/02/london-fashion-week-fall-2018-trends

ボリュームのあるシルエットもロンドンで見られた最旬トレンドのひとつだ。

ASHLEY WILLIAMS(アシュリーウィリアムス)はボリューミーなラッフルドレスを披露した。

ブロケード

https://fashionista.com/2018/02/london-fashion-week-fall-2018-trends

英国の伝統的な布であるブロケード。

Erdem(アーデム)、Roland Mouret(ローラン・ムレ)、Preen by Thornton Bregazzi(プリーン・バイ・ソーントン・ブレガッジー)をはじめ、多くのブランドが取り入れていた。

タータン&プレイド柄

https://fashionista.com/2018/02/london-fashion-week-fall-2018-trends

タータンやプレイド柄もまた英国の伝統的な生地である。

Emilia Wickstead(エミリア・ウィックステッド)や Simone Rocha(シモーネ・ロシャ)では、大胆なプレイド柄のトータルルックが登場。

オールブラック

https://fashionista.com/2018/02/london-fashion-week-fall-2018-trends

レインボーやスパンコールといったきらびやかなスタイルが登場する中、全身黒ずくめのオールブラックも無視できない存在となった。