イタリアのブランドDIESEL(ディーゼル)が手掛けるホームコレクションラインDIESEL LIVING(ディーゼル・リビング)が、4月17日〜22日開催されたミラノサローネ国際家具見本市で新コレクションを発表した。

ミラノサローネ国際家具見本市は毎年4月にイタリアのミラノで開催される、世界最大規模の家具見本市。

それに伴いミラノ市内では、さまざまな企業やデザイナーによる展示が行われ、多くの人々で賑わうデザインの祭典は「ミラノデザインウィーク」と呼ばれている。

ミラノサローネ国際家具見本市の中でも、DIESEL LIVING(ディーゼル・リビング)は最も注目されるプレゼンテーションのひとつである。

DIESEL LIVINGは、ディーゼル本社の社内クリエイティブチームがコンセプチュアライズした、デザイン界にライフスタイルブランドとしてのディーゼルの姿勢を表現したもの。

ディーゼルスタイルらしいビンテージ感漂うインダストリアルな雰囲気とロックスピリットを持ち、ユニークなアプローチで個性あふれる居住空間やインテリアを演出する。

2008年に初めて発表されたディーゼルのホームコレクションは、ファッションにおけるディーゼルの経験から有機的に進化したテキスタイルからはじまった。

現在ではインテリアデザイン分野の主要企業(家具のモローゾ、照明のフォスカリーニ、キッチン・バスルーム用品のスカヴォリーニ、テーブルウェアのセレッティ、木製フローリングのベルティ、セラミックタイルのイリス チェラミカ、ホームリネンのミラベッロ カラーラ)との重要なパートナーシップを通して年々拡大し続けている。

今ではこのコレクション全体が、ディーゼルのスタイルやアティチュードと、各専門分野のパートナー企業の業界ノウハウや最高品質のデザイン力との理想的な出会いを具現化したものとなっている。

メキシコの砂漠の街に現れるバーとホテル

最新コレクション、2018年の舞台はメキシコ。

Out of this World (この世界を飛び出して)をコンセプトにメキシコの砂漠の街。

DIESEL LVING初となるBarのコンセプトで、ピカピカの「Garage Bar」が登場。


メキシコの色彩とコンクリートの質感が反映された空間では、砂漠の地平線に浮かぶ太陽のようにスラット式の鏡が並び、蜃気楼とともに不思議な雰囲気の光景を創出する。

ラウンジでは長いカウチと「Wunderkammer(ワンダーカマー)」と名付けられたDIESEL LIVNGのオブジェが並んでいた。

「Wunderkammer」は“驚異の部屋”がテーマのオブジェで、狼やスカル、骨や蛇、サメといった自然世界からの逸品を集めたコレクション。

スタイリッシュかつ毒気のあるアイテムはどれも存在感抜群。

インテリアにスパイシーな彩りを与えてくれる。

ホテルのソフトスイートでは、スライド式のリネンカーテンの後ろに一体型のバスルームが隠れ、コンクリートの庭と生い茂った草木を一望できる。

彫刻が施された壁やテクスチャード加工などは、メキシコの住宅からインスピレーションを受けたもの。

常識にとらわれないアプローチでデザインされたDIESEL LVINGの幅広い製品。

アーカイブを振り返る

これまでにも様々なインテリアメーカーとのコラボレーションを発表してきたDIESEL LIVING。

DIESEL LIVING WITH MOROSO (2008)
モローゾとディーゼルは、リラックスした快適な雰囲気を演出する家具を制作した。

日常的なライフスタイルというコンセプトから着想を得て、シンプルな形を好むお客様をターゲットにしながら、同時に「モダンな」スタイルを追求し、独特なデザインと高い品質を兼ね備えた商品を取りそろえた。

このコラボレーションでは、ビンテージ感とメカニカルな印象が結びつくことによって、相反するボキャブラリと新たな美意識が作り上げられた。


DIESEL LIVING WITH FOSCARINI (2008)

ディーゼルリビング ウィズ フォスカリーニ コレクションでは、ロックからポップ、インダストリアルデザイン、ヴィンテージまで、そしてグラフィックスからアートまでという、さまざまな言語を使いこなすことによって、ディーゼルの独特のライフスタイルが表現された。

アイロニックで、さまざまな要素が融合した、まばゆく輝くこのコレクションには、40種類以上の照明が取りそろえられており、その形状、素材および使用目的は多岐にわたる。

多数の言語を用いてさまざまな物語を伝え、独特なスタイルを表現するコレクション。それがディーゼル ライフスタイル。


DIESEL LIVING WITH SELETTI (2014)

ディーゼルとセレッティがコラボし、アイロニックでさまざまな要素が融合したテーブルウェアコレクション。

風刺の効いた革新的なデザインで世界的に有名なイタリアのブランド、セレッティと共に、ディーゼルリビングはテーブルウェアや装飾用オブジェの芸術性を探求した。


DIESEL LIVING WITH BERTI (2015)

2015年にイタリアのブランド、ベルティと提携し、ディーゼルリビング初のマテリアルコレクションである木製フローリングを発表した。

ベルティの専門的ノウハウを活用して、ディーゼルリビングは独特の木製フローリング製品シリーズを提供。

それは、木材の形を変え、処理する方法に関する研究と革新の結果として生まれたもので、独自の仕上げとデザインによって100%ディーゼルといった印象のフロアが作り出されていた。