先日、Virgil Abloh (ヴァージル・アブロー)がKim Jones (キム・ジョーンズ)から贈られた、世界に一つだけのDior (ディオール)のディオールブックトートを使用するストーリーが流れた。

そんな素敵なプレゼントを手にした彼の笑みからは、彼がジョーンズに抱く憧れさえ垣間見ることができた気がする。

二人のインスタグラムに浮かんだそのモノグラムから、彼とジョーンズのお互いへの敬意を見てみたい。

mrkimjonesさん(@mrkimjones)がシェアした投稿

アブローのためのDiorモノグラムバッグ

五月の下旬、 ”@mrkimjones !!!!” のコメントとともに、そのバッグが初めてアブローのインスタグラムを彩った。

それは今年のItバッグとも言われるディオールブックトート。その中央部分には、クォーテーションに挟まれたVIRGIL ABLOHの名前が刺繍されていて、ハイカジュアルなデザインは背景にあるパリの街並みに合い、より日常的に映えていた。

5月27日にはアブローがBlack Coffee(ブラックコーヒー)と合同開催した野外DJイベント “WHITE COFFEE” にも登場した。情熱の国スペインへの旅路で、発売前のRIMOWA (リモワ) × OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH (オフ・ホワイト c/o ヴァージル・アブロー、以下オフ・ホワイト)のスーツケースと共に、彼の左手を飾った。

出典: https://www.instagram.com/virgilabloh/

その翌々週には、CFDAファッションアワードに向かう飛行機内で、アブローがそのバッグを膝下に置いているストーリーを、Kendall Jenner (ケンダル・ジェンナー)がインスタグラムにあげている。

アブロー自身もウィメンズ、メンズともにデザイナーオブザイヤーにノミネートされたこのイベントで、このバッグを使用したのはその愛用ぶりからではないだろうか。

以前まで、彼のミュージックシーンへのお伴といえば、自身のブランドであるオフ・ホワイトの “SCUPTURE” バッグであったし、また遠出をする際には、独自のカスタムを加えたLOUIS VUITTON (ルイ・ヴィトン)のMASTERSシリーズのMONETバッグであった。

しかし今彼の旅路を支えるバッグはオフ・ホワイトでもルイ・ヴィトンでもなく、ジョーンズが彼のために特別に作ったディオールのもの。それはルイ・ヴィトンの前任としてではなく、ジョーンズを一人のデザイナーとして敬う彼の心を映し出している。

“”をつけたジョーンズによる粋なデザイン

アブローがプレゼントされたこの名前入りのディオールブックトートを、ジョーンズ自身も持っている。

出典: https://www.instagram.com/mrkimjones/

写真に特化したインスタグラムの特徴でもあるが、この投稿では残念なことに多くを語ることはなく、ただ “Thank you Olivier” と感謝が述べられているだけで詳細はわからない。

ディオールに関係するオリヴィエといえば思いつくのは、クチュール部門の広報ディレクターOlivier Bialobos (オリヴィエ・ビアロボ)だが、これは推測でしかない。

それはさておき、注目したいのはその刺繍された名前。ジョーンズの方にはKIM JONESと書かれているが、アブローへのプレゼントを見返してみてほしい。VIRGIL ABLOHの名はまさしくクォーテーションに挟まれているのだ。

アブローがベルリンのカルチャーマガジン “032c” のインタヴューで答えた通り、クォーテーションは彼にとって、ファッションを見る人への疑問の提示、そしてファッションをアートにする特別な素材である。

件のバッグに付されたクォーテーションはルイ・ヴィトン・メンズデザイナーを引き継いだアブローの哲学に対する、ジョーンズのリスペクトを粋に表現している。

アブローとジョーンズ、二人のインスタグラムに浮かんだDiorモノグラムのバッグを振り返ってみた。そこには二人の共通点であるルイ・ヴィトンやNIKE (ナイキ)は登場せず、パーソナルな関係性を見てとることができたのではないだろうか。

オンリーワンなプレゼントへの喜びを全面に押し出すアブロー。彼のクリエイションを粋にリスペクトしたジョーンズ。Diorモノグラムが、言葉なくして二人のお互いへのリスペクトを露わにしてくれた。

また、今年ファッショニスタから注目されるディオールブックトートが、この一連から今後さらにバズることにも期待したい。

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >