本格的な夏が到来する。

すでに夏の勝負服を手に入れた人もそうでない人も、もう一度今シーズンのトレンドをおさらいしておこう。

キャットウォークから、2018 Spring-Summer メンズのビッグトレンドを紹介する。

エイティーズ(80年代風)スタイル

Cerruti 1881 Spring/Summer 2018 Menswear Collection 

オーバーサイズのスクエアカットジャケットに、ゆったりしたセンタープレスのパンツ。“バブリー”という言葉がしっくりくるエイティーズスタイルファッションが再燃している。

“DAD(お父さん、ダサいおじさん)スニーカー”の大流行にも見られるように、野暮ったく、レトロなスタイルが今のトレンドである。肩のはったジャケットやケミカルウォッシュジーンズなど、“ダサかっこいい”アイテムに注目が集まっている。

E Tautz Spring/Summer 2018 Menswear Collection

エイティーズスタイルのポイントは、自身をより大きく(たくましく)見せるかのようなゆったりとしたサイズ感にある。

いつものきれいめなテーラードジャケットのかわりに、こんなゆったりとしたダブルのブレザーを取り入れてみよう。

何かひとつ“エイティーズらしい”アイテムを取り入れて、ワードローブと組み合わせてコーディネートするのも新鮮だ。

E Tautz Spring/Summer 2018 Menswear Collection

昔の家族写真の中から、こんな格好をした父親を見つけることができるかもしれない。

シャツもハーフパンツも、オーバーサイズが基本スタイル。

Fendi Spring/Summer 2018 Menswear Collection

エイティーズ風のスポーツジャケットを取り入れた「FENDI(フェンディ)」のスタイル。

幅広のネクタイを合わせて、“ダサかっこいい”着こなしを楽しんで。

オールホワイト

Officine Generale Spring/Summer 2018 Menswear Collection

前述したエイティーズスタイルにも通ずる、全身ホワイトで固めたファッション。今シーズンのキャットウォークで最も人気だったスタイルだ。

細身のアイテムを選ぶとクリーンになりすぎるから、ゆったりとしたシェイプのアイテムを選ぶのがコツ。

Officine Generale Spring/Summer 2018 Menswear Collection

夏の着こなしの参考にしたい爽やかなハーフパンツスタイル。

ローファーや革靴を合わせれば、カジュアルになりすぎず都会的な印象に。

Cerruti 1881 Spring/Summer 2018 Menswear Collection

おしゃれ上級者なら、こんなつなぎスタイルもおすすめ。クロップド丈をチョイスすれば全体に抜け感が出る。

オールホワイトはちょっと大胆だと思う人は、インディゴのデニムジャケットやネイビーのテーラードを追加するといいだろう。足元はブラックやブラウンレザーのサンダル、またはペニーローファーが◎。

ミレニアルピンク

Berluti Spring/Summer 2018 Menswear Collection

夏はビビッドなショッキングピンクも捨てがたいが、やはり今着るなら断然ミレニアルピンクだろう。

Tシャツの上からミレニアルピンクカラーのジャケットをさらっと羽織れば、即旬なスタイルが完成する。

「Berluti(ベルルッティ)」は、くすんだ色合いのミレニアルピンクジャケットをグラデーション的に重ね、クリーム色のパンツで上品に仕上げている。

dunhill Spring/Summer 2018 Menswear Collection

ミレニアルピンクを、男らしくクールに取り入れるスタイルを提案している「dunhill(ダンヒル)」。

シャツ+スラックスのクラシックなスタイルにミレニアルピンクのジャケットをレイヤード。白×ネイビーのパキっとした色使いに、ミレニアルピンクが柔らかくトレンディなアクセントを添える。

dunhill Spring/Summer 2018 Menswear Collection

こちらも「dunhill(ダンヒル)」から。

ミレニアルピンクのインナー×赤チェックジャケットの同色系トップスで作るスタイルはすぐにでも真似したい。

Ermenegildo Zegna Spring/Summer 2018 Menswear Collection

ミレニアルピンク×エイティーズスーツで、トレンドスタイルの重ねワザ。

トゥーマッチにならないために、足元はスニーカーでカジュアルダウンさせて。
ストライプスーツ

Haider Ackermann
Haider Ackermann Spring/Summer 2018 Menswear Collection

インパクトのあるカラー使いが目立った今シーズン、パターンやプリントのアイテムはあまり見られなかった――ストライプをのぞいては。

トップスやパンツにも多くのストライプが用いられていたが、今手に入れるならスーツがおすすめだ。

上下をストライプのスーツでコーディネートすれば、目を引くスタイルになるのはもちろんのこと、体形をシャープに見せてくれる嬉しい効果もある。

Versace
Versace Spring/Summer 2018 Menswear Collection

「Versace(ヴェルサーチ)」はドレッシーなストライプのスーツにカジュアルなニットやスニーカーを合わせて、デイリーなスーツスタイルを提案。

パンツは足首の見えるクロップド丈が鉄則だ。

Cerruti
The biggest Spring Summer 2018 trends for men

パターンの異なるストライプのジャケット&パンツでメリハリをきかせて。

“出勤スタイル”にならないよう、足元はスニーカーやサンダルでカジュアルダウンさせよう。

ダブルブレストポケット

No.21
No.21 Spring/Summer 2018 Menswear Collectio

ジェームズ・ボンド役で知られるロジャー・ムーア(2017年に死去)を思わせるような、サファリジャケットやフィールドジャケット、70年代スタイルのミリタリーシャツなどが数多くランウェイに登場した。

キーとなるディティールは、胸元(ブレスト)のダブルポケット。モダンなルックを完成させるには、ゆったりとしたルーズなシェイプのものがいいだろう。

Hermes
Hermes Spring/Summer 2018 Menswear Collection

「Hermes(エルメス)」は、ワイルドな男らしさが漂うミリタリーシャツのダブルブレストポケットを展開。

くったりとしたヴィンテージライクな素材とゆとりのあるサイズ感がポイント。

Oliver Spencer
Oliver Spencer Spring/Summer 2018 Menswear Collection

シャンブレー素材のジャケットなら、重すぎず夏にも合わせやすい。

チノや麻のパンツと合わせて軽やかにコーディネートしてみよう。

気に入ったトレンドを取り入れて、ファッショナブルに夏を楽しんで。