先日、スリランカの都市コロンボにて、水着のファッションショー「Swim Week Colombo(スイム・ウィーク・コロンボ)」が開催された。

地元スリランカのデザイナーをはじめ、国外からも多くのデザイナーが参加し新作の水着やビーチウェアを披露した。

「スイム・ウィーク・コロンボ」とは

https://sputniknews.com/photo/201807101066184726-swimsuits-fashion-show/

今年で3度目の開催となる、アジア初にして最大の国際的な水着のファッションショー「スイム・ウィーク・コロンボ」。

水着の最新トレンドや地元スリランカのデザイナーを世界に発信するだけでなく、繊維産業が盛んで、アパレルの工場や小売業者の多いスリランカと国外のデザイナーを結びつける役割も果たしている。

国内外のメディアも注目する「スイム・ウィーク・コロンボ」から、注目すべき水着のトレンドを紹介しよう。

ワンピース

出典:AFP BB  NEWS

近年、人気が急上昇しているワンピースタイプの水着。従来の体形を隠しがちなデザインではなく、大きく胸元が開いたものやウエスト&バックが大胆に見えるものなど、セクシーなデザインが増えているのも特長。

大胆な胸元のVカットとレトロなドットプリントが目を引く写真の水着は、設計から製造まですべてスリランカで行われる、スリランカのブランド「LA PARD」のもの。

大きく開いたサイドやハイレグラインなど、セクシーで大胆なカットのワンピースを多く披露した「AVIVA」。シンプルな無地の他、ドットやフローラルプリントのものも。

出典:AFP BB  NEWS

クロスになったデザインと、コントラストのきいた大胆なカラーリングが目を引く「Dharmawardena」のワンピース水着。

トップス風

出典:AFP BB  NEWS

袖がついたものや丈が長めのもの、オフショルダータイプなど、街中でも違和感なく使えるトップス風のデザイン。露出を抑えるから日焼け防止にも◎。

「RUM PUMCH」のトップス風水着は、ノスタルジックな小花柄にビビッドカラーのラインがアクセントを添えている。

http://www.runwaycolombo.com/swim-week-colombo-2018/

スリーブ付きのワンピースタイプは、ショートパンツやスカートなどのボトムを合わせれば、ビーチからそのまま街歩きが可能!

水や汗で濡れる事が予想される、アウトドアやフェスなどのシーンにもぴったり。

ラッシュガードと水着を合わせたような、「MERAKI」のトップス風水着。二の腕周りが気になる人にも◎。

ハイウエストボトム

下腹部をカバーできるだけでなく、ファッション性の高さも人気のハイウエストボトムビキニ。セレブやモデルが着用した事もあり、近年のトレンド水着のひとつになっている。

シンプルなライトグレー×ハイウエストボトムでモダンな印象に。

出典:AFP BB  NEWS

60年代映画に出てくるような、レトロなスタイルが新鮮!リバイバルファッションブームが続く中、水着にもレトロクラシックなデザインが取り入れられている。

出典:AFP BB  NEWS 

クロシェタイプなら、適度な抜け感を演出できるから初めてハイウエストボトムを取り入れる人にも◎。

バックコンシャス

出典:AFP BB  NEWS

正面だけでなくバックスタイルにもこだわった、バックコンシャスな水着も注目を集めている。背中でリボンを結ぶタイプやクロスになっているものなど、その種類は様々。

写真は、アメリカやヨーロッパを拠点とするブランド「Aqua Island」のもの。目を引くバックスタイルに加え、ゆうゆうと泳ぐタートル柄もユニーク。

出典:AFP BB  NEWS

大胆に開いたバックとアクセントのリボンで、ビーチの視線を独り占め。ワンピースタイプのフロントとのギャップも◎。

ビーチウェア

ファッション性を高めるのはもちろんのこと、日焼けや、海から上がった後の冷え対策にも有効なビーチウェア。水着の上からさらりと羽織って、そのまま街へも繰り出せる。

定番のガウンタイプからプルオーバーのワンピースタイプなど、様々なタイプのビーチウェアが展開された。

出典:AFP BB  NEWS

「Aqua Island」からは、都会的なシャツ風のビーチウェアが登場。ストライプはボディをシャープに見せてくれる嬉しい効果も。

ビーチはもちろん、タウンユースにもぴったりのアイテム。

出典:AFP BB  NEWS

鮮やかなプリントが夏らしい、リゾート感満載のマキシワンピース。ビーチウェアには珍しく、ベルト付きでスタイルアップ効果も狙える。

出典:AFP BB  NEWS

今回のランウェイで多く見られた、透け素材のラグジュアリーなビーチウェア。トレンド感を取り入れたい人は是非チェックしてみて。

アパレルと同様、水着のトレンドも移り変わる。「スイム・ウィーク・コロンボ」のルックを参考に、旬な水着スタイルを楽しんでみては。