うだるような暑さが続くものの、7月も終わり、かすかに秋の気配が近づいている。夏物のセール品をよそに、秋冬物の購入を検討している人も少なくないだろう。

2018FWメンズのキーカラーは、ずばり“ブラウン”だ。多くの有名メゾンから、ブラウンを取り入れた(もしくは全身をブラウンで固めた)コーディネートが提案されている。

ルイ・ヴィトンをはじめとする名だたるメゾンのランウェイから、注目すべきブラウンコーデを紹介しよう。

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)

Louis Vuitton公式サイトより

クラシカルなチェスター・コートとレギンス×トレッキングブーツのアクティブな足元をつなぐのは、大地を連想させるやさしいブラウンカラー。

キム・ジョーンズ最後のコレクションという事でも注目を浴びた、ルイ・ヴィトンの2018FWコレクション。「Overview」をテーマに、アースカラーをベースとしたナチュラルかつ遊び心のきいたスタイルが展開され、ブラウンのアイテムが多く登場した。

Louis Vuitton公式サイトより

アウターの前に、まず手に入れたいブラウンのニット。“PEACE AND LOVE”のメッセージが添えられたプルオーバーのニットは、LVロゴのVがピースサインになったプレイフルなデザインが特徴だ。

GUCCI(グッチ)

GUCCI公式サイトより

モデルそっくりの頭部マネキンやヘビ、カメレオンなどをランウェイに取り入れ、ファッション界で(良くも悪くも)大きな話題となった、アレッサンドロ・ミケーレ率いる「GUCCI(グッチ)」の2018FWコレクション。大胆でカラフルな色使いが多い印象だが、2018FWのキーカラー、ブラウンも多く見られた。

80Sを彷彿とさせるオーバーサイズのスーツは、ライトブラウンでソフトな印象に。大ぶりのビジューブレスレット、ビビッドブルーのターバンなどスパイスのきいた小物使いがGUCCIらしい。

GUCCI公式サイトより

オーバーサイズのミックスニットに、スラックス、革靴を合わせて。ニットにレイヤードしたブルーストライプのシャツは、ブラウンの柔らかい雰囲気をキリリと引き締めるアクセントに。

HERMÈS(エルメス)

出典:VOGUE

「HERMÈS(エルメス)」らしい上質でクラシックなスタイルに、年間のテーマとして掲げている「Let’s Play!」の通り遊び心をプラスした今コレクション。

GUCCIと同様、ブラウンと合わせるカラーには鮮やかなブルーを提案している。ゆったりとしたサイズ感のブラウンのパンツに、シャープなニットとスカイブルーのアクセントを添えて大人の遊び心を演出して。

出典:VOGUE

抜群の存在感を放つクロコダイルのロングコートは、ナチュラルな質感と深いブラウンのカラーでエレガントな雰囲気に仕上げている。シックなカラーのインナーと合わせて上品に着こなして。

FENDI(フェンディ)

出典:VOGUE

ブラウンのアイテムを購入すると決めたなら、「FENDI(フェンディ)」は欠かさずチェックしよう。カジュアルからラグジュアリーなテイストまで、とにかくブラウンのアイテムが豊富だ。

斜めのキルティングが目を引くダウンジャケットには、今季のトレンドのひとつでもあるチェックのインナーと、FFロゴのハット&バッグを合わせてコーディネート。多くのプリントアイテムを組み合わせてもちぐはぐな印象にならないのは、落ち着きのあるブラウンカラーの力だと言えるだろう。

フェンディの代名詞であるファーアウターは、よりカジュアルな表情で登場。「FF」ロゴが斜めに入ったショート丈のジッパーブルゾンは、毛足も短く、普段でも気軽に使えるアイテムだ。やさしげなブラウンとファーの質感であたたかみのある装いに。

季節感もトレンド感も演出する、定番かつ注目のカラー、ブラウン。秋が来る前に、早めにショップをチェックするといいだろう。

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >