人気ブランド「GUCCI(グッチ)」にコスメラインがある事をご存知だろうか?

日本は残念ながら未発売で店頭で見かける機会も無いため、よほどのコスメフリークか同ブランドファン以外、「知らなかった」という人も少なくないだろう。

ブランドのハイセンスな世界観を詰め込んだ、「GUCCI」コスメラインについて紹介したい。

コスメライン「GUCCI Beauty」

Gucci Magnetic Color Shadow Quad in Serpentine Envy @gucci makeup is hard to find in Canada – Gucci’s website won’t even ship makeup to Canada. I found this at @winners in March. I wasn’t planning on purchasing more eyeshadow, but I’ve always wanted to try Gucci makeup and I wanted to wear more green eyeshadow, so I bought it. The eyeshadows remind me of Burberry and Viseart in both texture (silky smooth) and colour payoff (sheer, but buildable). This quad is great for quick looks (it almost blends itself) and you can create a decent variety of looks with these four shades. Do the eyeshadows meet Gucci’s claims? “vibrant hues” – the colours are gorgeous, but they’re more subdued and sophisticated than vibrant “lavish textures” – like velvet “saturated with color” – pigmentation isn’t everything! I like that these can be worn sheer or layered for more intensity “high-impact, buildable finish” – exactly this “a luxurious application” – the eyeshadows apply sooooo smoothly My main issue with this quad is the lasting power. I get ~10 hours of wear with this palette even with primer, which means that it will have started creasing at the end of my work day. My Viseart shadows last >16 hours and my Burberry shadows last ~12 hours. If you strictly adhere to the eyeshadow rules on YouTube and Instagram, you will be disappointed: these eyeshadows are not opaque in one swipe, they do not feel like butter, they’re all shimmers, there isn’t a traditional transition shade, etc. I would not recommend this quad for bold looks. I think it’s overpriced, but compared to other Gucci items (>$1000 for a tshirt?), it isn’t *that* overpriced. However, if your eyelids are on the drier side and you like simple yet elegant looks, you’d probably enjoy this. I’m happy that I purchased it, but I don’t plan on purchasing other Gucci makeup in the future. I’d love to hear about your experiences with and impressions of Gucci, makeup or otherwise!

@ truthlackslyricismがシェアした投稿 –


「GUCCI Beauty」がデビューしたのは2014年の9月。

ファンデーションやパウダー、アイシャドウパレット、リップなどのメイクアップコスメから、ネイルポリッシュやフレグランス、ブラシなどのメイクツールに至るまで200点以上が発表された。

「GUCCI」は、コスメラインの販路を各都市の本店にのみ絞り発売。

発売と同時に売り切れる事がほとんどで、ヨーロッパにおいても入手が困難と言われている。

ラグジュアリーなパッケージ

GUCCI Beauty公式サイトより

ブラック×ゴールドを基調とした、高級感溢れるラグジュアリーなパッケージが特徴。ブランドのアイコンであるGGモノグラムも使われている。

チークやアイシャドウにはその表面にGGモノグラムがプレスされており、使うのがためらわれるほど。フェイスパウダーには、GGモノグラムの他、バタフライなどの昆虫がプレスされる事も。

ファッショナブルなカラー展開

他のハイブランドコスメでは見られないような、ファッショナブルなカラー展開も特徴のひとつ。

スマートなスティックタイプとマットな質感で人気の「ディープマットリップスティック」では、定番のベージュやピンク、レッドの他に、ディープブルーが展開されている。

マット×ディープブルーのインパクトのある唇は、着こなしにスタイリッシュな雰囲気をプラスしてくれる。深みのある色と質感で、これからのシーズンにもぴったりのアイテムだ。

GUCCI Beauty公式サイトより

アイシャドウやマスカラのカラー展開も豊富で、とくに目を引くのが、リップ同様ブルーやパープル系の鮮やかで大胆なカラーリング。

まぶたにのせれば見たままに発色し、妖艶でグラマラスな目元が完成。アレッサンドロ・ミケーレが提案する「GUCCI」のプレイフルな世界観にマッチするメイクが実現する。

もちろん、普段使いしやすいブラウンやゴールドといったカラーバリエーションも展開。その日の気分やコーデによってチョイスすれば、洋服を着替えるように様々なメイクが楽しめる。


GUCCI Beauty公式サイトより

日本未発売のうえに即完売商品も多く、なかなか手に入れるのが難しい「GUCCI Beauty」。

手に入れれば、メイクをする時のモチベーションもいつも以上に高まるに違いない。

 

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >