オーストラリア発のファッションブランド「Bec + Bridge」が、海外セレブの間で話題になっている。

Instagramから振り返る、今年の夏のトレンドを考えた時に、何を思い浮かべるだろうか。

コレクション、ストリート、セレブのファッションと様々なジャンルから読み解くことが出来るが、その中でも、セレブのファッションは、常に多くの人々の興味を惹いているように見られる。

今年の夏、最もセレブに愛され、話題になった注目すべき同ブランドの魅力とは一体何なのだろうか。

オーストラリアのファッションシーンを変えた「Bec + Bridge」とは

Bec + Bridgeは、2003年にBecky CooperとBridget Yorstonによって立ち上げられた、オーストラリア・シドニー発のファッションブランドだ。

エレガントなラインとシックなシルエットで知られ、クリエイティブな才能と、ビジネスセンスの組み合わせにより、現在はオーストラリア国内だけに留まらず、ニューヨーク、ロンドンなど海外で躍進している。

2004年に開催された、メルセデス・ベンツ・ファッションウィーク・オーストラリアへの出展をきっかけに、世界中のバイヤーから注目されるようになった。

現在はDavid JonesやHarvey Nicholsなどを始めとする百貨店、世界の250店舗以上のブティックや、ASOSなどのオンラインストアでの購入が可能だ。

また、顧客には、キム・カーダシアンやミランダ・カーなどの著名なセレブが多いことでも知られる。

その他、ドレスやトップスなどのほとんどのアイテムが日本円で4万円以下など、購入しやすい価格帯であることも、人々から多くの支持を集めている。

 

なりやまないセレブからのラブコール 

2003年のブランド立ち上げ以来、順調にビジネスを拡大しているBec + Bridgeが、最近より多くの人に知られるようになった背景には、多くの著名でファッションリーダーと呼ばれるセレブの着用が大きい。

顧客であるキム・カーダシアンを始め、ジジ・ハディット、ケンダル・ジェンナー、ミリー・マッキントッシュなど、ミレニアル世代のヤングセレブに支持され、着用写真がインスタグラムへ投稿されたことから、多くの注目が集まった。

多くのアイテムの中でも着用が多かったのは、ドレスやトップとスカートのセットアップだ。

シンプルで構築的なデザインでありながら、大胆なカットのドレスは、体型を選ばず、サテンやパテントなどの華やかな素材は、着る人をよりゴージャスに見せてくれる。

フラワープリントのセットアップも、よくありがちなデザインでありながら、フリルやカットが華やかに見せてくれる。

シンプルでありながらもゴージャスに見えるスタイルは、ファッションリーダーとされるセレブから愛され、ラブコールが鳴り止まない。


このように同ブランドは、この夏だけでも著名なセレブに多く着用され、インスタグラム内で話題になった要注目ブランドと言える。

シンプルなデザインと、購入しやすい価格帯が、セレブだけでなく消費者から支持され、注目を浴びている。

残念ながら、現在日本での展開はまだ無いが、イギリス発のオンラインショッピングサイトASOSでの通販が可能なので、気になる人はアイテムをチェックしてみてもいいかもしれない。