1999年の全米オープン以来、数々のグランドスラムにて優勝歴を収め続け、女子テニス界のクイーンに君臨している、Serena Williams(セリーナ・ウィリアムズ)。

8月末に開幕し、現在開催中の全米オープンでも、躍進劇が止まらず、話題となっている。

またファッショニスタとしても知られる彼女は、試合で着用したスポーツウェアにも注目が集まるなど、話題に事欠かない。

プレー、ファッション、ライフスタイルと、まさに勢いが止まらない、注目すべきセリーナの魅力とは一体何なのだろうか。

ファッションアイコンとしてのセリーナ

テニス界だけでなく、プーマやナイキとのコラボラインを発表し、現在は自身のブランド「Serena」を立ち上げ、ファッション界でも活躍の幅を広げているセリーナ。

そんな彼女は18歳の時に、ファッションを学ぶ為に学校へ通い、テニスとファッションの学業を両立させていたほど、幼い時からファッションへの関心が強かったという。

テニスの試合の時も、プライベートでも、自分らしさだけでなく、体型にコンプレックスを抱かない、セルスコンフィデンスを持った独特なスタイルで、多くの同性の支持を集めている。

ファッションアイコンとしても注目されるようになってからは、数々のファッションショーやアワードにも出席し、ゴージャスな雰囲気で会場に華を添えるようになった。

また2017年には、長年の恋人でウェブサイトReddit(レディット)の創立者Alexis Ohanian(アレクシス・オハニアン)と結婚し、アレキサンダー・マックイーンのウェディングドレスを着用したことでも有名。

その後、2018年に結婚したイギリス王室のハリー王子とメーガン・マークルのロイヤルウェディングにも招待され、ヴェルサーチのエレガントでありながら華やかなドレスで出席し、話題を集めた。

テニス界でのセリーナのファッション

プライベートでは、デザイナーとしても成功を収めるなど、順調にテニスとファッションを両立しているセリーナ。

そんな彼女のファッションは、テニス界において話題だけでなく、時には物議を醸している。

2018年夏に開催された全仏オープンにて、ボディラインがはっきりと分かるような、ナイキの黒のキャットスーツを着用し、全仏テニス業界の会長から「度を越している」とネガティブな意見をされたばかりだ。

ブラックパンサーのヒーローを連想させるようなファッションだけでなく、出産後、血栓症を患った彼女の健康面をサポートする意味で着用されたのだが、まだまだコンサバティブなルールが残るテニスコートの中では、否定的な意見もあった。

その後開催された全米オープンでは、ワンショルダーのトランスペアレントのボディスーツにチュチュを着用したオールブラックスタイルで登場。

スタイリッシュで革新的な彼女らしいスタイルは、更に話題を集める事となった。

また着用されたのは、これからローンチされるOff-White x Nike x Serena Williamsという、旬なコラボラインである事も注目された。

 

Thank you to the incredible @virgilabloh

Serena Williamsさん(@serenawilliams)がシェアした投稿 –

両大会にて着用されたナイキは、オフィシャルインスタグラムにて、セリーナをサポートするコメントを投稿し、共感を呼んだ。

“You can take the superhero out of her costume, but you can never take away her superpowers.”

「彼女をスーパーヒーローの衣装から脱がせることは出来るが、決してスーパーパワーを奪うことは出来ない」

(Nikeオフィシャルインスタグラムより)

 

You can take the superhero out of her costume, but you can never take away her superpowers. #justdoit

nikeさん(@nike)がシェアした投稿 –

テニス、プライベートともに攻め続け、躍進し続け、勢いが止まらないセリーナ。

一児の母でもあり、テニス界のクイーンに君臨し続ける彼女のパワーや生命力は計り知れない。

彼女のメッセージ性の強いファッションは、今後どのようにテニス界を変えていくのか、ファッション界へ影響していくのか、ますます目が離せなさそうだ。

 

People

F-MAGAZINEは、世代をリードするクリエイターやアーティスト達を紹介しています。



VIEW ALL >